ダイソーの小学生のドリルはコスパ最高!迷ったらこのドリルで!

学習ドリル 100均ダイソー
さぎり
さぎり

こどもの教育に100均の学習ドリルが人気です。種類や利用方法など、紹介します。

コスパ最強!100均の学習ドリル

学習ドリル

100均に学習ドリルがあるって、ご存知でした?

シールブックやぬりえ、めいろに混じって、幼児から小学校低学年向けの学習ドリルがあるんです。

かず、ひらがなはもちろん、カタカナ、漢字、文章問題など種類も豊富に揃っています。

この学習ドリルは基礎からちょっと発展くらいのレベルまで学習できます。

年齢、学年別に分かれているため、子供に合ったレベルからも始められるので、お子さんにあったレベルのドリルから始める事ができます。

しかも、嬉しい事に内容も充実しており、100円なのに「クオリティが高い」内容となっています。

また、100円という事で、余分な付録がなく、一冊の冊子にまとめられているため、場所をとりません。

冊子のサイズも小さくカバンに入れて持ち運ぶ事も可能。

外出先での暇つぶしにもつかえます。

ただし、デメリットもあります。

じつは、この学習ドリル紙が薄く破れやすいところや、字が小さく読みづらいところがあるんですね。

そういったマイナスな点を含めても、コスパや内容などいい面も多く、かなりお買い得な学習ドリルです。

無理なく学べる、100均の学習ドリル

100均の学習ドリルの良いところは、コスパだけでなく、その種類の多さにあります。

幼児から小学校低学年の学習内容を勉強できるんです。

・数字や文字
・国語や算数の文章問題
・時計の読み方
・漢字ドリル

など種類も豊富です。

そのため、子供のレベルに合わせてドリルを選ぶ事ができます。

まだ幼児のわが家では、子供の得意、不得意に合わせてレベルの違うドリルを選んでいます。

例えば、6歳の長男には「ひらがな」の初期のドリル、算数は好きだから6歳に準じたドリルを使います。

また、子供のやる気が出ない時、高い学習ドリルだと、親のとにかくやって欲しいという気持ちが強く、子供に勉強を押し付けてしまう事もあります。

しかし、100均のドリルなら、「100均だし」と諦めがつきます。

子供がやりたくなったら簡単にまた始められる!

辞めたドリルも、もう一度やりたくなってから始めればいいですし、この教材には興味がないと分かったと軽く考えて、種類を変えることができます。

100均で買えるドリルですから途中で止めてしまっても100円なので、合わない教材がわかったことことだけでもOKとしましょう。

子供も、ひらがなの読み書きは苦手。でも、算数のドリルは好き!と自分から進んで勉強していました。

100均のドリルで無理なく好きな事はぐんぐん伸び、苦手な事はそこそこにできるようになりました。

さぎり
さぎり

お金をかけないことで、親の負担を減らす、無理強いしてしまう意識を減らすことができるのかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました